トイレのパイプのつなぎ目で起こる水漏れ修理について

トイレの給水側にあるパイプのつなぎ目から水漏れがおきることもあります。パイプのつなぎ目部分の水漏れは、内部のパッキンという部品を交換するかシール材による防水をやり直すことで水漏れが止まることが多いです。
難しい作業ではありませんが、注意点も多くある修理の作業です。そのため自分で直してみようという方は被害を拡大しないためにも正しい知識を持った上で行う必要があります。

■パッキンが古くなることによるつなぎ目からの漏れ

パイプのつなぎ目にパッキンが使用されている場合、この部品が古くなることで水漏れがおきることがあります。パッキンはホームセンターでも入手できる部品ですが、ナットを緩める際に慎重に取り外し作業をしなくてはなりません。力を入れすぎてしまうとパイプが破損することがあります。古いトイレ 水漏れでナットが固着しているようなときは、念のため水道の元栓を閉めておき、パイプの破損に備えておくほうか良いでしょう。

■シール材の劣化により水漏れしている場合について

パイプどうしのつなぎ目にシール材が使われている場合は、分解洗浄してからパイプを組みなおすことで水漏れが止まります。シール材は、テフロン製のシールテープとして売られていることが多いです。シール材を巻くときは、時計方向に向かって巻きます。ネジ継手の呼び径により何回転巻くのかが異なるので注意します。また、パイプを組む際にシール材を上から指で押し付けてなじませますが、怪我をしないように軍手などを用意して作業しましょう。

■まとめ
パイプのつなぎ目からの水漏れは、手順は簡単に理解できますが、慎重な作業を要します。無理をして怪我をしたりパイプやトイレ本体を破損したりすることがないようにするため、自分で作業をするときは、十分に手順や注意点を理解してから行うようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ