トイレのウォシュレットの水漏れの意外な原因とは?

トイレのウォシュレットの水漏れでは、意外な理由により水が出続けてしまうことがあります。トイレを利用しているときにウォシュレットを操作していて、シャワーノズルから水が出たまま止まらなくなるトイレ 水漏れがありますが、この場合の水漏れの原因は、電池切れの可能性もあります。電池を新しいものに交換すれば直りますので、自分で解決できるトラブルになります。

■ウォシュレットの操作パネルの位置を確認

まず、電池切れでウォシュレットの水が止まらなくなる可能性があるのは、ウォシュレットの操作パネルが壁に取り付けられているタイプです。壁に操作パネルが取り付けられているタイプでは、電源からの電気の供給ができませんので乾電池を使用していることが多くなります。
ウォシュレットを操作しているときに水が止まらなくなってしまうのは、ちょうど水を出しているタイミングで運悪く電池が切れてしまったのが原因です。

■電池切れを起こしたときの対処法

ウォシュレットの水が止まらずに身動きがとれなくなっているかもしれませんが、止水栓が手の届く位置にあれば、止水栓を回すことで水を止められます。運悪く止水栓がマイナスドライバーで回すタイプだったとしても、小銭がポケットに入っていればなんとかなることもあります。もしくは手の届く範囲にコンセントがあればそれを引き抜くことでも対処できます。
こういった事態にならないようにするためには、電池切れマークが点灯したらすぐに電池交換しておくことです。

■まとめ
電池で電源供給するタイプのウォシュレットを使用しているときは、いつでも止水栓で水を止められるように対策を考えるか、新しい電池を用意しておくのがおすすめです。滅多にあるトラブルではないですが、当事者にとっては、非常に困ってしまう状況になります。そのような水トラブルの緊急時に備えておくことも、必要ではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ