トイレの便器破損による水漏れ修理

地震や老朽化により、トイレの便器が破損して水漏れが生じることがありますが、この場合は、トイレの交換を前提にして修理が見積もられます。市販のパテや接着剤での補修を考える方もいますが、デメリットが大きくなりますのでおすすめはしません。ここでは、便器破損による水漏れトラブルの解決方法について紹介します。

■トイレの交換が必要な水漏れとは

便器の破損による水漏れの場合は、トイレの交換をしないと直りません。ただし、温水洗浄便座の部分について損傷がなければ、下の便器部分だけの交換ですみます。トイレの交換というと多額の出費が必要になると思われるかもしれませんが、便器部分だけならある程度予算も抑えられますので、費用が高額になるという心配はありません。費用については、水回りの専門業者に相談できますので、予算の範囲内で直してもらうようにしましょう。

■便座の割れを補修する危険性について

割れた部分が少しだからといって、パテなどで補修をしてしまうと、使用している際に完全に割れてしまい怪我をする危険性があります。完全に割れるところまで行かないにしても、鋭利な部分で怪我をする可能性があるのは確かです。パテや接着剤で一時的に水の漏れを止めることはできますが、長期的に見るとデメリットが大きくなってしまいます。陶器の割れは補修ができないという点については、十分に注意するようにしてください。

■まとめ
トイレの交換をする際は、複数の業者から見積もりをとるか、水道工事業者を紹介するサービスを利用するのがおすすめです。1社からの見積もりだけでは、相場を把握することができず高い修理となってしまうことがあるからです。工事の業者を紹介するサービスなら、適正な価格が明示されていたり、しっかりと事前の見積もりを出してくれるので安心して依頼できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ